益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス
【開催中】土祭2018の様子
2018-09-19

現在益子町では「土祭2018」が開催中です。益子町内各所にこの地を生かし、土地に溶け込む作品が展示されています。また、様々な体験イベントも行われています。 期間は、9月15日(土)から9月30日(日)まで。後・土祭が10月7日(日)に開催されています。 益子の風土 先人の知恵に感謝し、 この町で暮らす幸せと 意味をわかち合い 未来につなぐ・・・ 土祭の様子をご覧ください。 作品名:増殖する陶ジャRe(リ) 作者名:NPO法人MCAA 場所:城内坂大階段 栃木県芳賀郡益子町城内坂177   作品名:七つの井戸の底に降り、益子の地脈を結い直す藝呪術 作者名:石井匠 場所:陶芸メッセ・益子 栃木県芳賀郡益子町益子3021   作品名:益子の土による益子の心象風景 作家名:KINTA 場所:見目陶苑土空間 栃木県 芳賀郡益子町益子3053-3   作品名:VASE-空を抱える像もしくは器ー 作者:藤原彩人 場所:プラチナショップ(旧むらた民芸店) 栃木県芳賀郡益子町益子937-1   作品名:生成変容するかたち 作家名:生井亮司 場所:内町工場裏 栃木県芳賀郡益子町益子897   手仕事村 https://www.facebook.com/hidamarihiroba/ 場所:益子の森   栃木県芳賀郡益子町益子4231   作品名:そにどりの森  作者名:古川潤  場所:益子の森 栃木県芳賀郡益子町益子4231   日向ぼっこの空間 … 続きを読む

益子参考館茶会 「見つける旅 見つめる旅」
2018-09-10

参考館茶会2018(おもて面) 参考館茶会2018(裏面) ◇◇◇ 「見つける旅 見つめる旅」 陶芸家・濱田庄司は稀代の蒐集家でもありました。民藝運動を主導し、日本各地、世界各国に足を運び民藝の品々を調査、蒐集する彼の活動は、まさに「見つける旅」と言えます。益子参考館茶会では濱田が見つけ此処に辿り着いた品々やお道具との出会いによって、そのひとつひとつが纏う、時と場所に思いを馳せます。 時代と空間を超えたひとときへ私たちを誘い、品々を、ご自分を「見つめる旅」が始まります。 日時・2018年9月30日(日)10時〜18時(最終入館17時半) 場所・濱田庄司記念益子参考館 上ん台 共催・表千家栃木県青年部/八木澤竹芸工房 内容・ [ 茶会 ] 会場 4号館(上ん台)座敷 時間 11時〜18時(最終席入り17時半) 茶券 800円(入館料別途。茶券をお持ちの方は100円引き) 茶席 表千家栃木県青年部 [竹工芸ワークショップ] 会場 4号館(上ん台)馬屋 時間 10時から1時間毎、全5回(お昼休憩あり) 参加費 2500円 各回5名 内容 あけび蔓(又は竹)の土台に竹を差し込んで「みのむし篭」を作ります。 ご予約制です。 [館長のミニトーク] 会場 4号館(上ん台)石の間 時間 13時、15時 参加費無料 … 続きを読む

濱田庄司記念益子参考館 没後四十年企画 「濱田庄司の歩んだ道」展
2018-09-10

チラシ(表) チラシ裏 ◇◇◇ 開催期間:2018年7月14日(土)~12月16日(日) 今年で濱田庄司が没後四十年を迎えるのを記念して、濱田が自らの作陶人生を振り返った言葉「私の陶芸は、京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」を軸に、濱田が影響を受けた各地の工芸品や自作、民藝運動の資料と共に展示し、彼の歩んだ道をご覧いただきます。 ※本企画展は、1号館及び濱田庄司館で開催いたします。 ◇◇◇ 濱田庄司没後四十年企画 書道ワークショップ「筆にまかせて」 「書を観る」+「書を書く」の2部構成で書道の魅力に触れていただくワークショップを開きます。 若い頃より書画を探求し、作陶における筆使いに生かした陶芸家・濱田庄司。彼が暮らし心を養った場で、味わい深い書の世界をお楽しみください。 日時:2018年9月28日(金)・29日(土)午後1時~4時 定員:各日大人10名 事前予約制 参加費:3,500円(入館料別途) 講師:小池汀蝶 ◇◇◇ 企画展関連セミナー 「濱田庄司の来た道 その歩みと作品」 日時:2018年10月27日(土)午後2時~4時 会場:館内4号館(上ん台) 定員:50名程度 予約不要 参加費:無料(入館料別途) 講師:濱田琢司(当館学芸員、南山大学教授) ◇◇◇ 開館時間  9時30分〜17時(入館は16時30分まで) 入館料  大人 800円(700円)  子供(中学生・高校生) 400円(300円)   *カッコ内は、団体(20名以上)料金   *小学生以下は無料 休館日  月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)  12月28日〜1月4日(年により若干の変動あり)  展示替え休館:7月および12月の年2回  臨時休館あり ◇◇◇ お問い合わせ:公益社団法人 濱田庄司益子参考館 栃木県芳賀郡益子町益子3388 0285-72-5300 … 続きを読む

【アーティスト・イン・レジデンス2018秋】 ペニー・シンプソン[陶芸家・イギリス]9/18(火)~11/2(金)
2018-08-31

アーティスト・イン・レジデンス2018秋 (1) アーティスト・イン・レジデンス2018秋 (2) ペニー・シンプソン[陶芸家・イギリス]9/18(火)~11/2(金) 益子国際工芸交流事業では、この秋益子陶芸美術館で開催する企画展「英国ラブリィ~派 自然を愛してThe Lovelyists-In Harmony with Nature」との連携企画でイギリス陶芸家ペニー・シンプソンを招聘します。 関連イベント 9/28(金)、10/23(火)14:00~16:00 場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内) ※入場無料、予約不要 普段の制作の様子を見ることができます。作家と自由に会話をしていただけます。時間愛出入り自由なので、お気軽にお立ち寄りください。 10/8(月・祝)13:30~15:30 場所:益子陶芸美術館 展示室 ※要観覧券、予約不要、通訳あり 10/6(土)~14(日)は益子町民に限り無料入館できます。 企画展「英国ラブリィ~派 自然を愛してThe Lovelyists-In Harmony with Nature」を見ながら、陶芸家になった経緯やイギリス・デヴォン州の陶芸家の暮らしについて語ります。 10/18(木)13:30~15:30 場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内) ※入場無料、予約不要、通訳あり 刷毛目・搔き落とし・イッチンなどスリップを使ったうつわの装飾の実演と、タタラとろくろを組み合わせた制作を実演します。 ※内容は変更になる可能性があります。最新情報は、Facebookにてお知らせします。 https://www.facebook.com/mashikomuseum/ お問い合わせ 益子国際工芸交流館(益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子内) 〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3021 TEL:0285-72-7555/FAX:0285-72-7600 ホームページ:http://mashiko-museum.jp/

土祭2018【9/15~9/30・10/7】
2018-08-20

益子の土、風土、先人の知恵に感謝する新しいお祭り「土祭」。第4回目となる「土祭2018」が 9月15日(土)~30日(日)および10月7日(日)に開催されます。   名称|土祭2018 会期|2018年9月15日[土] ー 30日[日]・10月7日[日] 会場|栃木県益子町 主催|土祭実行委員会 共催|益子町 実行委員長|益子町長 大塚朋之 企画制作・運営|田野・益子・七井地区委員会、アート運営委員会 内容|展示、演奏会、講演会、映画上映、ワークショップほか 基本開場時間|10:00~17:00 ガイドブック|1,000円(税込、マップ・パスポート・スタンプラリー台紙付き) ※中学生以下および益子町民は無料 ※セミナーなどの有料企画への参加はガイドブックが必要となります。 土祭は、2009年から3年おきに開催されており、「文化の力で地域を元気にする」という考えのもと、町内各所に現代アートの展示や町民の企画を開催し、地域の歴史や文化、様々な資源を掘り起し、「益子ならではの文化」を問い続けてきました。   土祭2018_1 土祭2018_2 ◇◇◇◇◇◇ アート作品展示   田野・益子・七井地区に合計17名の作家が13会場に現代アートを展示します。 ※現代アートは9/15[土]から9/30[日]までの間展示されます   主なプログラム   9月15日(土) 昔の益子探し 田野地区めぐり(9/15[土]~10/7[日]) 手仕事村プロジェクト 川崎義博×角正之パフォーマンス 夕焼けバー(土舞台・土祭広場)   9月16日(日) 昔の益子探し トークショー 赤坂憲雄×山﨑光男×石井匠「いのちの交歓~土と食の神話と現実」 サウンドパフォーマンス 鈴木昭男 … 続きを読む

濱田庄司没後40周年企画 書道ワークショップ「筆にまかせて」【9/28・9/29】
2018-08-13

    今年が濱田庄司の没後40年にあたるのを記念して、濱田の世界により触れていただく企画として、 「書を観る」+「書を書く」の2部構成で、書道の魅力に触れていただくワークショップを開きます。 若い頃より書画を探求し、作陶における筆使いに生かした陶芸家・濱田庄司。彼が暮らし心を養った場で、味わい深い書の世界をお楽しみください。 1部では、館所蔵の書作品、書道具を特別に一堂に会し、鑑賞のコツや書の基礎知識をわかりやすくレクチャーします。 2部では、実際に、濱田庄司ゆかりの言葉を書いてみましょう。筆で書く面白さを体感しながら、生き生きとした線を生む筆の使い方を練習します。初心者の方や、久しぶりに筆を持つ方も安心してご参加下さい。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 日時・2018年9月28日.29日 13時〜16時 会場・濱田庄司記念益子参考館 上ん台 定員・各日10名 ご予約制 料金・3500円※入館料別途 備考・道具は全て当方でご用意しますので、手ぶらでご参加ください。 開始時間の10分前にはお集まりください。 お申込み方法・事前にお電話にてお申込み下さい。0285-72-5300(月曜除く9時半から16時半) ◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 講師紹介 小池汀蝶先生 書道家。幼少より文字と言葉に魅せられ書道を学ぶ。自在な線質でさまざまな書体を書き分け、伝統書法、自由創作、商業書道(ロゴ制作)など幅広い制作を行う。文字に宿る美を、風景や絵、織物のように描くこと、空間と響き合うような書の美しさを志している。茨城県笠間市にて「ことはな書道教室」主宰。www.teicho.info ※このイベントは「土祭2018」に関連企画として参加しています。