益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス
芝生で楽しむ!道の駅4周年フェア
2020-10-15

この度、道の駅ましこは令和2年10月15日(木)でオープン4周年を迎えます。 そして10月15日(木)~18日(日)の4日間は、道の駅4周年フェアを開催することとなりました。 コロナ対策を行ったうえで、屋外で緩やかに楽しめるフェアとなるよう、道の駅スタッフをはじめ出荷者のみなさまと協力し企画致しました。ぜひ、お近くにお越しの際は、お立ちより頂きたいと思います。 【ご来場にあたってのお願い】 マスクの着用、出入り口での手のアルコール消毒にご協力をお願いいたします。 道の駅ましこでは、外ベンチはもちろん、お客様用のゴザ・レジャーシートの貸し出しを行い、屋外でくつろげぐ楽しさをお客様にご提供したいと考えております。ぜひ、芝生広場にて、ご購入いただきましたテイクアウト商品やご自宅で準備されたお弁当などをお持ちになって、秋空のもと気持ちの良い時間をお過ごしいただきたいと思います。 【周年フェアの注目ポイント】 「大釜とろたまぷりんパフェ」…秋の味覚が目白押し、周年フェア限定大釜とろたまぷりんパフェとしてご提供!(15日~18日、レストランましこのごはん店内ご提供、売り切れ次第終了) 「益子の果物ジュースバー」…屋外テントにおいて、道の駅ましこで運営するジュース加工場で搾った果物ジュースを楽しめます(17日・18日) 「キッチンカーで焼き立てとろたまタルト」…17日(土)、18日(日)各日11時、13時に焼き立てとろたまタルトを限定販売いたします(17日・18日) 「益子の果樹テント販売」…秋の果物の販売とともに、6月に稼働を開始した加工センターの新商品であるドライフルーツ商品のお披露目(17日・18日) 【外テント出店】 瀬尾糀店:ホルモン焼き 10/17-18 アンシーバー:チリコンカン 10/17-18 とん太ファミリー:ホットドック 10/17-18 Pizzeria Dellfeeno :ピッツァ 10/17-18 CAFE DE MAMAN :クレープ 10/17-18 megumi dorip:コーヒー 10/18 リオ・アレーナ: 片手で食べられるパンケーキ 10/17 ましこドレッシング 10/17-18 恕庵10/17-18 アルホーム 10/17-18 きっちんきみ 10/17 a little delight 10/18 … 続きを読む

茅葺き屋根を守りたい!チャリティーライヴ~秋のお庭で~by Trio da Museo
2020-10-12

Toriodamuseoチャリテイーライブ 日時:2020年11月1日(日) 11:00~11:40、13:30~14:10/2回公演 場所:濱田庄司記念益子参考館 4号館(上ん台)前庭 全席自由 立ち見可 参加費:ドネーション制 おひとり1,000円~※入館料別途(大人800円・中高生400円) ご予約・お問い合わせ:お電話0285-72-5300(9:30~16:30月曜除く) 〇人数把握のためご参加くださる方はなるべく事前にご予約ください。 〇雨天の場合は室内にて行います。自治体のコロナウィルス感染症対策に則り開催いたします。 〇開催情報の近況は当館公式WEB、SNSにてお知らせいたします。 ◇◇◇◇◇ 歌 深谷博子(ソプラノ)、荻野桃子(メゾソプラノ)、ピアノ 武石美穂 演目 1) An die Musik(音楽に寄す) シューベルト/作曲 2) Du bist die Ruh(君こそやすらい) シューベルト/作曲 3)十五夜お月さん 野口雨情/詩 岩河智子/編曲 4) Vaga luna che inargenti(優雅な月よ) ベッリーニ/作曲 5)ヒスイ 信長貴富/作曲 6)サリーガーデン アイルランド民謡 7)スカボローフェア サイモン&ガーファンクル ピアノ編曲/八三〇文 8)里の秋 齋藤信夫/作詞 海沼實/作曲 岩河智子/編曲 ◇◇◇◇◇ 濱田庄司記念益子参考館に唯一残る茅葺き屋根の日本家屋、通称「上ん台」。 民藝運動という芸術活動を興した一人でもある陶芸家・濱田庄司が大切にした「健やかな暮らしから生まれる美」を象徴した建物であり、長年お客様にも親しまれておりますが、このコロナ禍で維持管理、修復の資金不足に陥り存続の危機に瀕しています。そんな中「Trio da Museo」の皆さんがチャリティーライヴを発案してくださいました。皆さんの温かいお気持ちとともに、この場で音楽を享受する慶びをお客様とご一緒できましたら幸いです。どうかご協力ください。 ※このライヴの収益はすべて益子参考館へ寄付されます。 公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館  〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子3388 … 続きを読む

やわらぎ児童館子供たちの折り紙黄ぶなお配りしています!!【益子町観光協会窓口】
2020-10-02

益子町のやわらぎ児童館の子供たちが、観光協会の会員の方々及び益子町来て下さった方々へ無病息災を願って「黄ぶな」を折り紙で折ってくれました。一つ一つ表情が違って、眼鏡をかけた黄ぶなやチョウチョのリボンをつけた黄ぶななど、みているだけで笑顔になってしまいます。 益子町観光協会窓口にてお配りしておりますので、どうぞお越しください。 ※観光協会員の皆様で黄ぶなご希望の方は、益子駅舎内の益子町観光協会窓口までお越しください。 ※数に限りがございます。 ★★★★★★★★★ 【黄ぶなのおはなし】 むかしむかし、栃木県の宇都宮の地で、天然痘というとてもこわい病気が大流行しました。人々は神様に「病気が治りますように」と一生懸命お祈りをしました。ある日のこと、村人が田川で釣りをしていると、不思議な黄色い色をした大きなふなを釣り上げました。病気で苦しむ人にそのふなを食べさせたところ、病気はあとかたもなく治ってしまいました。人々は、このことを神様のおかげと感謝し、病気除けとしてこの黄色のふなの張り子を作って飾るようになりました。 黄ぶなは宇都宮市の郷土玩具として、今でも地元で親しまれています。 ↑観光協会では「吊るし黄ぶな」も展示してあります。

彼岸花街道(益子町梅ヶ内地区)/彼岸花や桜(益子町小宅古墳群)※10/2更新
2020-10-02

彼岸花街道【2020年10月1日の様子】小宅古墳群彼岸花【2020年10月2日の様子】 益子町内各所の彼岸花の様子です。 ⇓ 彼岸花街道【2020年10月1日の様子】 益子町の梅ケ内地区にある彼岸花街道では、今が見頃となっています。 「ましこ世間遺産」にも選ばれたこの街道は、地域のボランティアの方が維持管理をしてくださっています。 毎年、美しい彼岸花が道路沿いや田んぼの畦道など約2kmにわたり咲いています。 場所は、本沼パーキング手前に「彼岸花街道」と大きな看板設置してあります。 近くには、そば畑も広がっています。 ↑白いそばの花がきれいです♪ ★★★★★ 小宅古墳群彼岸花や桜【2020年10月2日の様子】 【2020年10月2日】 小宅古墳群では、、現在「彼岸桜」等が満開を迎えています。10月中旬位まで桜と彼岸花どちらも楽しめるのでぜひお出かけください。 【2020年10月1日】 益子町七井地区、亀岡八幡宮西側の小宅古墳群では、地域のボランティアの方々が彼岸花を3年前に5万球植え、2年前には七井小学校の生徒さんと3万球植え、やっと今年あたり一面に彼岸花が見られるようになったそうです。 現在は、4~5部咲きとなっています。斜面に広がる彼岸花は満開の時が待ち遠しいですね。 ↑約300坪の広さに広がる彼岸花

益子国際工芸交流事業 展示企画《アーティスト・イン・レジデンス in 益子5年間展》
2020-09-16

このたび益子国際工芸交流事業では《益子国際工芸交流事業 アーティスト・イン・レジデンス in 益子 5年間展》を、益子国際工芸交流館(陶芸メッセ・益子内)にて開催いたします。 益子陶芸美術館では、国内外のアーティストと益子町のさらなる交流を目指し、2014年から「益子国際工芸交流事業」を開始しました。その柱となる「アーティスト・イン・レジデンス」事業では、最初の5年間で12名のアーティストを迎えました。今回は、バーナードリーチと濱田庄司による、イギリスのリーチ工房創設から100年を迎えることを記念し、リーチ工房との関わりが深い4名の作家が滞在中に益子で制作した作品を、あらためて展示致します。皆さまに手に取ってご覧頂ける形での展示は当事業初の試みとなります。 アーティスト・イン・レジデンス in 益子 5年間展 入場無料・事前予約制 / TEL. 0285-72-7555 会期:2020年10月20日(火)-12月19日(土) 休業日: 益子陶芸美術館の休館日、日曜日、祝日 [午前] ①10:00 ②10:30 ③11:00 ④11:30 [午後] ⑤13:30 ⑥14:00 ⑦14:30 ⑧15:00 各回定員5名 会場:益子国際工芸交流館 アトリエ 詳細HP: http://www.mashiko-museum.jp/residence/index.html 本展覧会は事前予約制とさせて頂いております。 皆様からのご予約のお電話をお待ちしております。 また、本展示の出品作家のクライヴ・ボウエン、ジャック・ドハティ、ジョン・ベディング氏のオリジナル作品は、現在開催中の企画展《英国で始まり-濱田・リーチ 二つの道-》にも出品されております。併せてご鑑賞下さい。 <お問い合わせ> 益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3021 TEL.0285-72-7555 … 続きを読む